路地裏ロジック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

 

b-82_2015082400554525b.jpg

持っている中で一番大きなバッグを一つ抱えて、
早朝の港で船を待っている。

旅に出ます。
どうか、私を探してください。


写真ページに溜まっていた写真をupしました。
前回のブログで、今後はポトレ(被写体)の撮影の後で自身の撮影もちょこちょこしていこう、と書きましたが、
昨日は早速「旧古河庭園」で洋館の写真を撮影してきました。

正直、今の自分の撮る写真は嫌いではないです。
ですが、好きとも言えません。
写真ページに上げている、撮り始めの「小さいの」シリーズの写真は、
私が高校生になってバイトを始め、初めて購入した携帯で撮った写真なのですが、
その頃の写真の方が好きです。
サイズが小さく画質も悪い、ろくに加工もしていなければ余計なものが写りこんでいたりする、見るに堪えないようなものばかりですが、それでも「私の世界観」が出ていて、撮りたくて撮ったんだな、と自分で分かるんです。撮っている時のことも鮮明に思い出せるんです。

小説もそうです。上辺だけ見れば今の自分の作品の方が綺麗なのに、昔の作品の方が自分の感情が動くんです。
勿論、稚拙な文章に恥ずかしい!!という感情が大きいのですが(笑)

あの頃の情熱を、取り戻していきたいです。
そのためには、やっぱり闇雲にでも取り組んでいかなければ、ですね。

ちなみに、今回のブログの記事の船着場の写真は結構気に入っています。
ポトレ撮影で利用した場所だったのですが、
その場に立った瞬間、今回のブログの詩のような感情がぶわっと湧いてきました。
ちょっと前までは常時湧き起っていたその「ぶわっ」とした何かを、
今後は見逃さないようにしたいです。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。