路地裏ロジック

 

My Favorite Movie
お気に入りの映画の1シーンを
ひたすら繰り返すような 人生でありたいから。

私の映画に、エンドロールは流れない。
あけましておめでとうございます。
普段はツイッターで呟いてばかりですので、このようにブログで記事を更新するのはかなり久しぶりです。

日頃、ツイッターの140文字の制限は疎ましく感じることが多いですが、
このようにブログでその制限から解き放たれると、
まるで大海原に放り出された様な途方のなさを感じてしまいます。


さて、2017年になり、新年早々、短編一作とイラストを更新しました。
短編小説「宝石の瞳」については、ずっと書いてみたい世界観でした。
お城とか王子様とか。それから、後編で出てくるファンタジー要素。
キラキラした夢と希望のファンタジーではなくて、もっとこう、生活に根付いている“常識”としてのファンタジーが好きです。
そんな地味なファンタジーが、表現出来ていればいいのですが……。

この作品はこれで完結ですが、この後の展開はいくらでも広げられるな、と感じております。
少女と少年の再開。それぞれの立場、運命との葛藤。それから黒幕について。
黒幕は勿論、赤い瞳の青年、カークスです。カークスという名前は、ローマ神話の炎を吐く怪物からとりました。
宝石(特にエメラルド)は熱に弱いと聞いたので、宝石を害する者という意味を込めました。

カラコンの描写とか、瞳パイの設定とか、書いていてとても楽しい作品でした!



イラストについては、2017年の年賀イラストです。
大晦日の夜に描いていました。
久しぶりにペンタブを握ったので、感覚が鈍っていて大変……かと思いきや、描きたいように、心ゆくままに描くことが出来ました。下書きも構成もなく、自由に落に描く。落描きって楽しいですね。



さて、今年についてですが……
時折短編を更新しつつ、アリスの不在の次章もスタートさせたいと思っております。
いい加減にスピード感を持たないと、あっという間に寿命が来てしまう気がしております(笑)

ポートレートサイトの方は定期的に更新をしておりますので、
写真と詩にご興味のある方は是非ご覧になって下さい。
モデルとしては、今年はどんどん新しいメイクやコーディネートを取り入れて、
ポージングのレパートリーも増やして撮られ幅を広げていきたいです。


それでは皆さま、今年もよろしくお願いいたします!!!
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit