路地裏ロジック

 

二月の桜
二月の桜は、ずるい。
きっと、どこかの企業の回し者に違いない。

冬のコートでもこんなに寒いのに

軽やかな春の軽装に
想いを馳せさせてしまうのだから。

本日、都内某所で桜を見かけました。
真冬のような寒さで風も強く、たくさんの重ね着にも関わらず身が凍るようでしたが、目に見える景色はすっかり春めいてきていますね。

この時期の花々はずるいです。心ばかりが先行して、春になってしまいます。
早く、軽やかな色と素材の春服が着たいですね。

最近お気に入りの古着屋さんがあるのですが、とても品ぞろえ豊富で、100円~300円でコートもワンピースも靴も買えてしまうのです。価格が安く手が出しやすい分、新しい服が欲しい!という欲望が我慢できないこの頃です(笑)

ちなみに最近のマイブームは図書館。
本を借りることは以前から好きでしたが、借りずにその場で読んで過ごすことも好きになりました。
図書館の本のにおい、ひしめく静かな静寂。その中で本を読んでいると、時間を贅沢に過ごしているな…と感じます。
暖房代も節約になるので、図書館は最高ですね。
老後は近所の図書館に入り浸って、端から端まで小説本をコンプリートしてみたいです。

好きな作家さんは、子供の頃からずっと、荻原規子先生。
心行くまでファンタジーで、美しく、それでいて奥行きがある世界と物語に魅了され続けています。
登場人物達が外見・内面共に魅力的なのも好きなところです。

ああ、私もファンタジーに巻き込まれたい。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit